Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /nfs/c03/h07/mnt/47184/domains/sjactionsports.com/html/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210

Warning: Declaration of jzsc_yourls::config($key = '', $user = '', $generic = '') should be compatible with jzsc_shared::config($key, $user, $loaded_api, $generic = '') in /nfs/c03/h07/mnt/47184/domains/sjactionsports.com/html/wp-content/plugins/url-shortener/components/jz_shortener/jzsc.yourls.php on line 40

Warning: Declaration of jzsc_yourls::api_list() should be compatible with jzsc_shared::api_list($list) in /nfs/c03/h07/mnt/47184/domains/sjactionsports.com/html/wp-content/plugins/url-shortener/components/jz_shortener/jzsc.yourls.php on line 40

Warning: Declaration of jzsc_yourls::set_service($service) should be compatible with jzsc_shared::set_service($service, $api_config) in /nfs/c03/h07/mnt/47184/domains/sjactionsports.com/html/wp-content/plugins/url-shortener/components/jz_shortener/jzsc.yourls.php on line 40

Warning: Declaration of jzsc_complex::config($key, $user, $generic) should be compatible with jzsc_shared::config($key, $user, $loaded_api, $generic = '') in /nfs/c03/h07/mnt/47184/domains/sjactionsports.com/html/wp-content/plugins/url-shortener/components/jz_shortener/jzsc.complex.php on line 48

Warning: Declaration of jzsc_complex::api_list() should be compatible with jzsc_shared::api_list($list) in /nfs/c03/h07/mnt/47184/domains/sjactionsports.com/html/wp-content/plugins/url-shortener/components/jz_shortener/jzsc.complex.php on line 48

Warning: Declaration of jzsc_complex::set_service($service) should be compatible with jzsc_shared::set_service($service, $api_config) in /nfs/c03/h07/mnt/47184/domains/sjactionsports.com/html/wp-content/plugins/url-shortener/components/jz_shortener/jzsc.complex.php on line 48

Warning: Declaration of jzsc_googl::config($key = '', $user = '', $generic = '') should be compatible with jzsc_shared::config($key, $user, $loaded_api, $generic = '') in /nfs/c03/h07/mnt/47184/domains/sjactionsports.com/html/wp-content/plugins/url-shortener/components/jz_shortener/jzsc.googl.php on line 40

Warning: Declaration of jzsc_googl::api_list() should be compatible with jzsc_shared::api_list($list) in /nfs/c03/h07/mnt/47184/domains/sjactionsports.com/html/wp-content/plugins/url-shortener/components/jz_shortener/jzsc.googl.php on line 40

Warning: Declaration of jzsc_googl::set_service($service) should be compatible with jzsc_shared::set_service($service, $api_config) in /nfs/c03/h07/mnt/47184/domains/sjactionsports.com/html/wp-content/plugins/url-shortener/components/jz_shortener/jzsc.googl.php on line 40

Warning: Declaration of jzsc_simple::config($key = '', $user = '', $generic = '') should be compatible with jzsc_shared::config($key, $user, $loaded_api, $generic = '') in /nfs/c03/h07/mnt/47184/domains/sjactionsports.com/html/wp-content/plugins/url-shortener/components/jz_shortener/jzsc.simple.php on line 49

Warning: Declaration of jzsc_simple::api_list() should be compatible with jzsc_shared::api_list($list) in /nfs/c03/h07/mnt/47184/domains/sjactionsports.com/html/wp-content/plugins/url-shortener/components/jz_shortener/jzsc.simple.php on line 49

Warning: Declaration of jzsc_simple::set_service($service) should be compatible with jzsc_shared::set_service($service, $api_config) in /nfs/c03/h07/mnt/47184/domains/sjactionsports.com/html/wp-content/plugins/url-shortener/components/jz_shortener/jzsc.simple.php on line 49

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /nfs/c03/h07/mnt/47184/domains/sjactionsports.com/html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /nfs/c03/h07/mnt/47184/domains/sjactionsports.com/html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
vba 別ブック参照 開かずにvlookup 9 ベーコン ピラフ 炊飯器 人気, C言語 棒グラフ 横, 香川 発 北海道ツアー, 横浜 食べ放題 しゃぶしゃぶ, 保険 ネット申し込み デメリット, 探偵 ナイトスクープ 感動 ランキング, ポスター マスキングテープ 三角, メルカリ ミス 謝り 方, パワポ 下線 筆, 風水 服 寿命, エクセル セルの中に文字が隠れる 印刷, Ipad メール 一括削除 Ios12, Auかんたん決済 ポイント利用 Amazon, エクセル Pdf 文字化け, パソコンからiphone 写真 ブルートゥース, アイスクリームメーカー レシピ ヨーグルト, サンダル ブラウン メンズ, エクセル 編集モード 固定, Iphone ホーム画面 ウィジェット 削除, Mac Ssd 完全消去, 自由研究 まとめ方 模造紙, ワンピース 人気 曲ランキング, Gmail 迷惑メール ビックリマーク, ダイソー ダブルウォールグラス 入荷, 靴 消臭 ミョウバン 重曹, 自転車 前乗せ 体重オーバー, Reality 歌配信 やり方, 黒い砂漠 グラボ 使用率, 色鉛筆 本 おすすめ, ビデオカメラ プロジェクター 中継 無線, " />

vba 別ブック参照 開かずにvlookup 9

  • 0

vba 別ブック参照 開かずにvlookup 9

Copyright © 2015-2020 VBA Create All Rights Reserved. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ①VLOOKUP関数の設定はウイザード経由! 何卒、ご教示願います。, 返信遅れまして申し訳ございません。 Excelの関数の中でもよく使われるVLOOKUP関数ですが、実はExcel VBAでも使用することができます。 この記事では、Excel VBAでVLOOKUP関数を使う方法をサンプルを交えて解説します。参照範囲が別シートやブックに存在する場合でも検索することができます。 var _lgy_lw = document.createElement("script"); googletag.defineSlot('/21812778492/blog_468x60_common_eyecatch02_adsence', [728, 90], 'div-gpt-ad-1567575393317-0').addService(googletag.pubads()); googletag.defineSlot('/21812778492/blog_728x90_common_eyecatch01_adsence', [728, 90], 'div-gpt-ad-1566564252373-0').addService(googletag.pubads()); googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_fixed01_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565194485392-0').addService(googletag.pubads()); googletag.pubads().collapseEmptyDivs(); その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。 var _lgy_lw = document.createElement("script"); googletag.cmd = googletag.cmd || []; 参照先のブックを表示した上、パスの部分がブック名のみになるか確認いただけますか。 googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_sidetop01_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565330658303-0').addService(googletag.pubads()); _lgy_lw.charset = "UTF-8"; ヒロユキ, しかし、この別ブックの値を取得する処理は以下の考慮事項があるので、個人的にはあまり使いたくない機能です。, 同じ名前のブックを開けないというエラーは、もし既に開かれていればそのブックを使用するというロジックにすればいいだけですが、ブックを閉じる際に元から開いていたなら閉じないなど考慮が必要で面倒くさいです。, 上記2点を解消させるために、別ブックの値を取得するときにはブックを開かずに値を取得する方法が良いかと思います。, ブックを開かずに、別のブックの値を取得するには以下の2つの方法があるかと思います。, どちらも処理時間は、単純にWorkbooks.Openを使うよりも大幅に短縮することができます。, ブックを開かずにセル値を取得(ExecuteExcel4Macro,Excel.Application), https://excel-ubara.com/excelvba5/EXCELVBA242.html, ExecuteExcel4Macroは高速であり、色々なサイトでおすすめされている方法ではありますが、Excel 4.0のマクロであるため、今後のExcelでは廃止される可能性はあります。, ただ、現時点(Excel2019)ではマイクロソフトの公式ページにもメソッドとして紹介されているので、使用に関して心配はないかなと考えています。(公式ページにあるということは非推奨ではないはず), https://docs.microsoft.com/ja-jp/office/vba/api/excel.application.executeexcel4macro, また、詳しくは後述しますが、1セルずつしか値を取れないので大量のセルの値を取得する場合は不向きです。, 「新しいExcelアプリケーションを使用して開く」については、WorkBookオブジェクトを取得することができるのですが、バックグラウンドで動いているため、画面表示を操作しようとするとエラーになります。, 具体的には、シートをアクティブにしたり、セルを検索したりする処理が使用できません。, (個人的には、あまり画面操作する処理自体が良くないと思っているので、困ったことはあまりないですが), ExecuteExcel4Macroメソッドを使用して、別ブックの値を取得するには以下のように記述します。, 上記コードでは、「C:\test\」というフォルダに有る「item.xlsx」というExcelファイルの「1行目1列目」のセルを取得してきています。, R1C1の部分は、RC形式のセル指定になっていて、Rの後ろの数字が行番号、Cの後ろの数字が列番号を表します。, この方法の欠点として、複数のセルの値を取得する場合に範囲を指定することができず、1つずつ取得するしかありません。, そのため、別ブックから値を大量に取得したい場合には、処理が遅くなってしまう可能性が高いです。, 「最初のシートから取得する」「使用最終行から取得する」のような動的な指定をしたいときには、使用しないほうがいいと思います。, ただ、「Application.ScreenUpdating = False」を使用しなくても、ユーザーにブックを開いたことが見えないので、ブックを開かずに値を取得していると言って良いかと考えています。, 「C:\test\」というフォルダに有る「item.xlsx」というExcelファイルの「1行目1列目」のセルを取得してきています。, 「Application.ScreenUpdating = False」を使用してブックを開くときと比較すると、処理時間が優れていることが上げられます。, これは、Excelがマルチスレッドに対応できていない機能が多いため、複数のブックを開くとCPUの負荷が高くなるのに対して、別のインスタンスでブックを開けば負荷が分散されるためだと考えています。, また、冒頭に記載した「同じブックのエクセルを開けない」という問題もこの方法では問題になりません。, 気をつけたい点としては、前述したとおりシートをアクティブにしたりする機能が使えないということと「マクロが終了してもオブジェクトが破棄されない」という点です。, 上記コードで「Set exl = Nothing」を実施していますが、これを忘れるとマクロを動かすたびにExcelプロセスが作られてしまいます。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. いざトラブルや質問が来た場合に即座に対応できると思います。, if (window.innerWidth < 768) { ウイザードからパスの再指定をお願いします。. googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_ctc02_adsence', [300, 250], 'div-gpt-ad-1566564559478-0').addService(googletag.pubads()); vlookupで対応し、ブックの範囲が増えてもいいようにとの指示です。 別ブックのデータを、そのブックを開くことなく得るこの方法により、複数のブックからデータを抜き出して集計する時などに役立つ。次の例では、Debug.Print により、イミディエイトウィンドウに書き出している。例)Book1.xlsxブックの SheetAシートのR1C1(A1)セルのデータ pbjs.setConfig({bidderTimeout:2000}); googletag.cmd.push(function() { Excelテクニック _lgy_lw.type = "text/javascript"; はい、パスの部分がドライブから始まるフルパス表記に代わっていますね。, 手動更新の方法は参照元ブックを一度閉じて、起動し、以下のメッセージ 【Excel VBA】Outlookの他人の予定表をExcelワークシートへ取り込む, 【Excel VBA】一瞬でExcelワークシートへOutlookの予定表を取り込む. _lgy_lw.charset = "UTF-8"; やっとこちらのサイトに辿り着きました。 ©Copyright2020 プログラマー向けEXCEL活用術ブログ.All Rights Reserved. googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_fixed01', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1559710191960-0').addService(googletag.pubads()); ・「検索方法」は”FALSE”。 他のブックを開いて指定シートの指定セル範囲のデータを取得する。取得したデータを使って、目的の表を作り上げる。これこそマクロvbaの真価が問われる処理でしょう。これまでにやってきた内容が出来れば大丈夫です。 上司より早急にと言われております。 エクセルVBAを使ってバラバラの経費精算書データを集約するシリーズの7回目です。今回は、業務で有効なテクニックとしてもう一つ、マスタシートからVLookupメソッドでデータを取得してくる方法についてお伝えしていきます。 「このブックには、安全ではない可能性のある外部ソースへのリンクが1つ以上含まれています。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); サンプルの表は在庫管理表と商品マスタがあり、在庫管理表と商品マスタはそれぞれ別のブックになります。, 今回は在庫管理表の単価の値を別ブックの商品マスタから参照し、合計値を出していきたいと思います。, ③値を挿入します。 }, 夜分に失礼致します。 var pbjs=pbjs||{}; ©Copyright2020 エク短|Extan.jp.All Rights Reserved. 上記関数を使用する事で、・データ取得先のブックを閉じたままデータを取得可能です。・ブックを開かないので高速でデータを取得できます。使い方上記をお好きなモジュール内にコピペしてください。実際に使用する時は以下のような形で使用してください。 ブックのみにならない場合はパスの指定が誤っている可能性がありますので、 侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。, 「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。, 関西在住のITエンジニアです。普通の会社に勤務しながら、侍エンジニアのインストラクター、ライターとして活動しています。. ご説明のとおり、他のブックの範囲を入れましが、OKを押してもパスがセルに出てくるのです。 googletag.defineSlot('/21812778492/blog_728x90_common_overlay', [728, 90], 'div-gpt-ad-1584694002281-0').addService(googletag.pubads()); _lgy_lw_0.parentNode.insertBefore(_lgy_lw, _lgy_lw_0); googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x600_common_sidemiddle01_adsense', [300, 600], 'div-gpt-ad-1571293897778-0').addService(googletag.pubads()); 2019.08.26 googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_fixed02_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565198391774-0').addService(googletag.pubads()); 別ブックの情報を参照するにはWorkbookクラスオブジェクトを利用します。Workbookオブジェクトを使って別ブックを扱う際に一つ注意があります。, それは、既にそのブックが開いている場合にVBAから開こうとすると「既に開いてるので開けない」というエラーになる点です。Excelブックで同じ名前のブックを開こうとして開けなかったことがあると思いますが、それと同じです。, これを回避するにはExcelクラスオブジェクトを新規に作り、そちらで読み取り専用で開く必要があります。言い方を変えれば、Excelをもう1つ起動して読み取り専用で開くということです。こうすれば同一ブックの二重起動によるエラーを回避できます。, 新規にExcelを起動して別ブックの一番左のシートの入力セル範囲をRangeオブジェクトで取得するコードです。, 15行目と、18行目から22行目の部分はRangeオブジェクトの取得方法の例として2つのサンプルを書いています。, 上の注意点の通り、2行目で別のExcelを起動して、12行目で別Excel上で別ブックを読み取り専用(ReadOnly:=True)で開いています。, 15行目以降で開いた別ブックのセルの取得を行っています。この部分を変えることでどのセルを参照するのかを変えることが出来ます。, 15行目では一番左のシートの入力セル範囲をUsedRangeプロパティで取得しています。, 28行目のExcelアプリケーションの終了のコードが書かれていないとタスク上にExcelが残りっぱなしになり、タスクマネージャから終了するかPC再起動しない限りプロセスが消えません。, 別ブックが閉じていて新規のExcelで開く必要がない場合のサンプルです。なので、開こうとしているブックが既に開いている場合はエラーになります。, 違いは新規にExcelアプリケーションを起動しているかどうかです。具体的には上のコードの2行目のexというExcelアプリケーション変数を使っていない点です。, 別ブックが開いているかどうかが不明な場合は、事前に開いているかどうかをチェックした上で、開いていれば新規Excelアプリケーションを使い、開いてなければ使わない、という分岐処理を入れます。, ブックが開いているかどうかについては「ブックが開かれているかチェックする」で書いています。このページで紹介しているブックオープン判定関数(IsBookOpened)を使って対応すると以下のようになります。, 16行目でブックが開かれている場合は新規Excelアプリケーションを起動してそちらでブックを開き、開かれていない場合は現ブックで開きます。, 後処理の38行目から40行目では新規Excelアプリケーションがある場合は終了させるようにしています。, 1つ目は、新規にExcelを起動+別ブック参照の方法。ほとんどの場合はこの方法で問題ありません。, 2つ目は、現ブックで別ブックを参照する方法。別ブックが開いていないことが前提になります。, 3つ目は、1つ目と2つ目のハイブリッドで、事前に別ブックが開いているか確認し、新規Excelを起動するかどうかを判定して別ブックを参照します。. 最後に「OK」をクリックします。, ⑤数式をコピーしましょう。 var _lgy_lw_0 = document.getElementsByTagName("script")[0]; 続いて「検索値」は値が入っているセルを指定します。こちらは通常通りですね。, ④「列番号」はまずは2で指定してみる! vlookup関数は別ブックや別シートの表データを参照、検索することが可能です。 特にブックが複数あり一つのブックにvlookup関数で集約させたい場合は有効ですね。 けれど手書きでブックのパスを指定することうまく反映されずに四苦八苦することが多いのではないでしょうか。 vbaで現在開いているブックとは別のブックの値を取得するときは、ブックを開かずに値を取得することをおすすめします。処理時間が早く、同じブック名が開けないエラーを回避できるためです。 // fixed01のWORKSが不定期なため共通処理とする ExcelVBAマクロ初級者からの脱却が、処理のパーツ化(プロシージャの分割)と考えています。 マクロを作る上で基本機能をパーツ化する事で、開発時間の削減に繋がります。, 分かりやすく説明すると、エクセルの「関数」と同様です。 SUM関数であれば セル内に「=SUM(1+2+3)」と記載すれば、セルには「6」と表示されますよね。値を渡せば正しい値で返ってくる動きです。, 上記をお好きなモジュール内にコピペしてください。 実際に使用する時は以下のような形で使用してください。, 上記が100%正解ではありませんが、求める結果がすぐにそのまま使用できます。 おいおい、マクロに慣れたら動きを理解してください。, 特定フォルダに営業の日報フォルダを入れてもらい、日別集計するマクロであったり、 当日の進捗数を一度に取得するような場合に使用します。, ■ 私たちの事業 VBAマクロ開発(委託開発) オンライン講座 パッケージ製品販売— KyoteiVBA(競艇自動投票)— KarteVBA(簡易電子カルテ). _lgy_lw.src= "https://l.logly.co.jp/lift_widget.js?adspot_id=4295873"; ここは”FALSE”のみにしましょう。 記事をうまくカテゴリー分け出来ていない事が多いので、↓下の記事検索で、キーワード検索してください。, Excel95? マクロシートがあった頃からExcelVBAを独学で利用しています。Excelによる日々のルーチンワークは、Excel VBA の組み込みにより作業時間短縮と作業ミスを減らすことが可能になります。作業時間の短縮により、他の仕事ができるため、業務効率がアップします。, Excel×Python最速仕事術 [ 金宏 和實 ]価格:2398円(税込、送料無料) (2020/1/13時点), 退屈なことはPythonにやらせよう ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング [ Al Sweigart ]価格:4070円(税込、送料無料) (2020/1/13時点), できるUiPath 実践RPA [ 清水理史 ]価格:2200円(税込、送料無料) (2020/1/13時点), Excelで利益計画を立てましょう!会社にいくらの利益が必要で、その為の売上高は?, このExcel VBA ノートは、プログラムを再利用したり、コピペで入力の手間を省く為に作ったネット上のノートです。, Debug.Print ExecuteExcel4Macro("'" & ThisWorkbook.Path & "\[Book1.xlsx]SheetA'!R1C1"), Debug.Print ExecuteExcel4Macro("'" & ThisWorkbook.Path & "\[Book1.xlsx]SheetA'!" _lgy_lw_0.parentNode.insertBefore(_lgy_lw, _lgy_lw_0); _lgy_lw.async = true; VBAでIE操作「VBAでJS(JavaScript)のonclickをクリックする」【エクセルマクロ】. & cellR1C1), 例)Book1.xlsxブックの SheetAシートのR1C1(A1)セルのデータを取得, 例)フォルダーAの中のBook1.xlsxブックの SheetAシートのR1C1(A1)セルのデータを取得, 例)Book1.xlsxブックの SheetAシートのR1C1~R5C5(A1~E5)セルのデータを取得, ' Book1.xlsx 「SheetA」 の Range(Cells(1,1),Cells(5,5)) の値を取得, Excel-VBA 別ブックのデータを開かずに得る ExecuteExcel4Macro, http://vba.doorblog.jp/archives/51351817.html, 退屈なことはPythonにやらせよう ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング [ Al Sweigart ]. IEで画像リンク(画像ボタン)をクリックしたいケースがあります。 ヤフオクのトップページを例に使用方法をお伝えします。... Onkeyメソッドは 開いている全ブックで動作する Onkeyメソッドでは、自作のショートカットキー作成や、 F1 の... 改めて記事にするようなことでもないのですが、VBAでIE起動した後、終了する方法です。 当方のIE操作の記事全てにおい... 「理想の仕事をしたい」 「誰にも負けない営業マンになりたい」 「人とは違う営業をしたい」ならエクセルマクロをマスター... ExcelVBAマクロ「二次元配列を動的に行数(一次元目)を増やす」をパーツ化する. _lgy_lw.async = true; pbjs.que=pbjs.que||[]; リンクを信頼できる場合、リンクを更新し最新データを取り込みます。信頼できない場合は、データをそのまま手元で処理してかまいません。」, 併せてデータの更新タイミングやメッセージ解除の方法も併せて覚えてもらえば、 VBAによるEXCELアプリケーション開発の業務経験を生かし、日々の業務でもVBAを使用して生産性の向上を図っています。, ユーザーが対象のブックを開いていたときに「同じ名前のブックは開けない」という旨のエラーになる. まず、VLOOKUP関数を設定する場合はウイザード経由で指定するようにします。なぜかというと手書きの場合は指定ミスが多いからです。, ②「検索値」を指定 がでたら「更新する」をクリックします。, このタイミングで「商品マスタ」ブックの表の単価データが再反映されます。参照元をみると値が変更されていることがわかりますね。, 参照先が表示されている場合、参照先データの更新がリアルタイムに参照先に反映されますが、, 参照先ブックを閉じている場合は手動の更新が必要になるということを覚えてもらえばと思います。, 「このブックには、安全ではない可能性のある外部ソースへのリンクが1つ以上含まれています。 VBA googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_sidemiddle01_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565198726712-0').addService(googletag.pubads()); Excelは基本ほどのスキルです。 「列番号」は数値で指定します。今回は1つ先のセルですので3を指定します。. ・「検索値」は3行目のB3を指定。 別ブックを参照するには 別ブックの情報を参照するにはWorkbookクラスオブジェクトを利用します。Workbookオブジェクトを使って別ブックを扱う際に一つ注意があります。 それは、既にそのブックが開いている場合にVB … _lgy_lw.src= "https://l.logly.co.jp/lift_widget.js?adspot_id=4295912"; リンクを信頼できる場合、リンクを更新し最新データを取り込みます。信頼できない場合は、データをそのまま手元で処理してかまいません。」 var _lgy_lw_0 = document.getElementsByTagName("script")[0]; googletag.enableServices(); _lgy_lw.type = "text/javascript"; googletag.pubads().setTargeting('blog_type', 'Tech'); はい、完成です! ⑤「検索方法」は”FALSE”一択! }); Excelの表でコードや区分の横に対応する名称を出すときなど、VLOOKUP関数を使います。, VBAのVLOOKUP関数についてわかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてください!, 本記事を読み終える頃には、表においてVLOOKUP関数を使えるだけでなく、VBAからも自在に使えるようになっていますよ!, 最初に、そもそもVLOOKUP関数とは何なのかを解説します。冒頭で触れたとおり、コードや区分から対応する値を取得するものです。, 伝票を例にとると、商品コードから商品名や単価を取得すると考えてください。その具体例は以下です。, 以下の例では、商品コードと数量のみ手入力で、商品名と単価はVLOOKUP関数を使用して取得しています。金額は単価と数量の掛け算、合計はSUM関数を使って自動で計算結果を表示しています。, 検索値は検索したい値、範囲は対応する名称がある範囲、列番号は何列目に欲しい値があるかの指定です。, 検索方法は完全一致かあいまい検索を指定しますが、通常は完全一致で使用するため、FALSEを指定すればよいでしょう。, 結果、図のオレンジ色の枠にある式ができます。となりのD3セルに単価も取得して設定してみました。オレンジ色と青色の枠内の式を比較すると、動作イメージが明確になるでしょう。, 次の例では、B3セルに入力した商品コードに対応する商品名を、表から取得してC3セルに表示しています。, キーとなる値からそれに対応する値を取り出す、といった関係データベース的な使い方ができますね。, VBAでVLOOKUP関数を使ったコーディングをするのは、今まで解説してきたことで十分可能です。実は、それよりもエラーとその対処方法のほうが難しいのです。, 「WorksheetFunction クラスの VLookup プロパティを取得できません。」このエラーは特によく起こります。, 次のサンプルコードでは、実行時エラー1004が発生した場合に、C3セルに「値取得不可!」と入れています。, 最初の方にある「On Error Goto err:」は、エラーが発生したら下の方の「err:」というラベルまでジャンプせよという意味です。, ただしエラーは1004以外にもありえるので、1004の場合のみ「値取得不可!」と返すようにしているのが「err:」の後のIf文です。, 実行時エラー1004だけでも「範囲に値が存在しない」以外にもさまざまな原因があるので、あえてザックリと「値取得不可!」としています。, 1004エラーが発生します。(環境によっては、実行時にエラーが出るケースもあります。), 検証方法を解説します。コード中のVLOOKUP関数の部分を、セルに式で記述してみましょう。, 商品名は「#REF!」と表示されており、値が取得できていません。これはVLOOKUP関数の第3引数である列番号が4となっているのが原因です。, 範囲はE3セルからG8セルまで3列しかないのに、4列目を指定してしまっています。ここでは商品名がほしいので、列番号を2と修正すれば問題は解消できます。, 想定する最終形で実際に式として記述してみる、これはとても役に立つデバッグ方法です。そして、このデバッグ方法をもう一歩さらに進めてみましょう。, ここまでは、ExcelシートのセルにVLOOKUP関数を直接入力していましたが、セルに入力せずにVBAからVLOOKUP関数をセルに入力することもできます。, これでExcelシートとVBAの開発環境(VBE)を行ったり来たりせずに、VBAの開発環境だけでデバッグをすることが可能です。, Formulaプロパティを使ってVBAからセルに直接関数を入力する方法については、こちらで詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。, ここまでは同じシート内の参照範囲を検索してきました。参照範囲が大きくなったり、勝手に変更されたくない場合などは検索結果と参照範囲を別シートや別ブックに分ける場合も考えられます。, 参照先が同じブック内の場合はWorkbooks("ブック名.xlsx").は省略可能です。, これまでは参照範囲がExcelシート上のあるセル範囲でした。VBAを使っていると、Excelシート上のセル範囲ではなく、配列を参照範囲に指定したい場合も出てきます。, まず、配列arrにセル範囲"E3:G8"の値を格納しています。VLookup関数の参照範囲に配列arrを指定しています。, なお、配列とセル範囲の値を共有する方法については、こちらで詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。, しかし、例えば1万件や10万件を超える大きなデータから検索を数千回繰り返したい場合もあります。そんな場合はVLookup関数の処理速度も考慮しなければ、時間がかかりすぎてしまうことになります。, ExcelではVLOOKUP関数の代わりに、INDEX関数とMATCH関数を組み合わせて使わうこともよくあります。, "縦位置"に"範囲"内の位置を数値で入力するとその値を返します。配列のインデックス番号を指定したら、要素の値が返ってくるのと使い方が似ていますね。, MATCH関数で検索値の位置を出力して、その位置を使ってある範囲内の値を抽出します。これでVLOOKUP関数と同じ結果が得られるようになります。, これらで処理速度を比較してみましょう。使うデータは以下のVBAを使って作成しています。, という結果になりました。この結果からは、VLookup関数よりも代わりにIndex関数とMatch関数を使った方が処理時間を短縮できます。, 数千や数万個のデータリストから数千個のデータを検索して抽出する場合は、Index関数とMatch関数の組み合わせを使用することをオススメします。, ちなみに、Findメソッドは処理時間がかなり遅い結果となりました。Findメソッドの使い方については、こちらのサイトで詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。, セルに式で記述する、VBAでも実装できる、この両方をマスターするといろんなことができるようになります。, 当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。

ベーコン ピラフ 炊飯器 人気, C言語 棒グラフ 横, 香川 発 北海道ツアー, 横浜 食べ放題 しゃぶしゃぶ, 保険 ネット申し込み デメリット, 探偵 ナイトスクープ 感動 ランキング, ポスター マスキングテープ 三角, メルカリ ミス 謝り 方, パワポ 下線 筆, 風水 服 寿命, エクセル セルの中に文字が隠れる 印刷, Ipad メール 一括削除 Ios12, Auかんたん決済 ポイント利用 Amazon, エクセル Pdf 文字化け, パソコンからiphone 写真 ブルートゥース, アイスクリームメーカー レシピ ヨーグルト, サンダル ブラウン メンズ, エクセル 編集モード 固定, Iphone ホーム画面 ウィジェット 削除, Mac Ssd 完全消去, 自由研究 まとめ方 模造紙, ワンピース 人気 曲ランキング, Gmail 迷惑メール ビックリマーク, ダイソー ダブルウォールグラス 入荷, 靴 消臭 ミョウバン 重曹, 自転車 前乗せ 体重オーバー, Reality 歌配信 やり方, 黒い砂漠 グラボ 使用率, 色鉛筆 本 おすすめ, ビデオカメラ プロジェクター 中継 無線,


Leave a Reply