Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /nfs/c03/h07/mnt/47184/domains/sjactionsports.com/html/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210

Warning: Declaration of jzsc_yourls::config($key = '', $user = '', $generic = '') should be compatible with jzsc_shared::config($key, $user, $loaded_api, $generic = '') in /nfs/c03/h07/mnt/47184/domains/sjactionsports.com/html/wp-content/plugins/url-shortener/components/jz_shortener/jzsc.yourls.php on line 40

Warning: Declaration of jzsc_yourls::api_list() should be compatible with jzsc_shared::api_list($list) in /nfs/c03/h07/mnt/47184/domains/sjactionsports.com/html/wp-content/plugins/url-shortener/components/jz_shortener/jzsc.yourls.php on line 40

Warning: Declaration of jzsc_yourls::set_service($service) should be compatible with jzsc_shared::set_service($service, $api_config) in /nfs/c03/h07/mnt/47184/domains/sjactionsports.com/html/wp-content/plugins/url-shortener/components/jz_shortener/jzsc.yourls.php on line 40

Warning: Declaration of jzsc_complex::config($key, $user, $generic) should be compatible with jzsc_shared::config($key, $user, $loaded_api, $generic = '') in /nfs/c03/h07/mnt/47184/domains/sjactionsports.com/html/wp-content/plugins/url-shortener/components/jz_shortener/jzsc.complex.php on line 48

Warning: Declaration of jzsc_complex::api_list() should be compatible with jzsc_shared::api_list($list) in /nfs/c03/h07/mnt/47184/domains/sjactionsports.com/html/wp-content/plugins/url-shortener/components/jz_shortener/jzsc.complex.php on line 48

Warning: Declaration of jzsc_complex::set_service($service) should be compatible with jzsc_shared::set_service($service, $api_config) in /nfs/c03/h07/mnt/47184/domains/sjactionsports.com/html/wp-content/plugins/url-shortener/components/jz_shortener/jzsc.complex.php on line 48

Warning: Declaration of jzsc_googl::config($key = '', $user = '', $generic = '') should be compatible with jzsc_shared::config($key, $user, $loaded_api, $generic = '') in /nfs/c03/h07/mnt/47184/domains/sjactionsports.com/html/wp-content/plugins/url-shortener/components/jz_shortener/jzsc.googl.php on line 40

Warning: Declaration of jzsc_googl::api_list() should be compatible with jzsc_shared::api_list($list) in /nfs/c03/h07/mnt/47184/domains/sjactionsports.com/html/wp-content/plugins/url-shortener/components/jz_shortener/jzsc.googl.php on line 40

Warning: Declaration of jzsc_googl::set_service($service) should be compatible with jzsc_shared::set_service($service, $api_config) in /nfs/c03/h07/mnt/47184/domains/sjactionsports.com/html/wp-content/plugins/url-shortener/components/jz_shortener/jzsc.googl.php on line 40

Warning: Declaration of jzsc_simple::config($key = '', $user = '', $generic = '') should be compatible with jzsc_shared::config($key, $user, $loaded_api, $generic = '') in /nfs/c03/h07/mnt/47184/domains/sjactionsports.com/html/wp-content/plugins/url-shortener/components/jz_shortener/jzsc.simple.php on line 49

Warning: Declaration of jzsc_simple::api_list() should be compatible with jzsc_shared::api_list($list) in /nfs/c03/h07/mnt/47184/domains/sjactionsports.com/html/wp-content/plugins/url-shortener/components/jz_shortener/jzsc.simple.php on line 49

Warning: Declaration of jzsc_simple::set_service($service) should be compatible with jzsc_shared::set_service($service, $api_config) in /nfs/c03/h07/mnt/47184/domains/sjactionsports.com/html/wp-content/plugins/url-shortener/components/jz_shortener/jzsc.simple.php on line 49

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /nfs/c03/h07/mnt/47184/domains/sjactionsports.com/html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /nfs/c03/h07/mnt/47184/domains/sjactionsports.com/html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
ムガール 帝国 商業 政策 Ps3 Bluetooth ペアリング 9, Line カメラ設定 Pc 4, ブラジリアンワックス 川越 メンズ 5, Jabra Speak 510 Ms Uc 違い 28, あつ森 マイル家具 いつから 10, ポケモン 北米版 日本語 4, 備前 長船 包丁 価格 4, コン ユ 母 10, Tt Br06 マニュアル 5, Zoom 年払い 途中解約 4, Spring Security Session Id Length 6, え こでこツール M4a 4, Simply Piano 収録曲 48, ニコ 生 弾幕ツール 4, Chrome フォント 細い 12, Tt Br06 マニュアル 5, 月曜から夜ふかし 動画 Dailymotion 15, Ff14 Id装備 染色 8, ドイツ 人名 女性 12, レンコン 穴 黒い 4, 赤ちゃん に ぎにぎ 編み図 7, ポケモン ソード Line 掲示板 18, 塩素除去 シャワーヘッド ニトリ 10, ボーボボ ネタバレ なんj 27, アリナミンv Cm 女性 22, メギド ガープ 息子 14, Django Field 自作 4, 真 北斗無双 朝一 狙い目 5, ハリネズミ 喉に詰まら せる 13, レッド ウィング 8268 ブログ 7, レクサスls F Sport 6, レクサス Rx 値落ち 7, 村田修一 息子 中学 受験 11, 胸のたるみ 筋トレ 男 5, ヤング マガジン 2019 47 5, Softbank Iphone用sim Android 4, Kindle Paperwhite Jailbreak 9, 瓶 ジュース 冷凍 18, " />

ムガール 帝国 商業 政策

  • 0

ムガール 帝国 商業 政策

*当時、ロシアの南下を警戒していたイギリスは、アフガニスタンに関心を示し、1838年先んじてこの地域に進出し、バーラクザイ朝との間に第一次アフガン戦争が起こりました。 1688 広場はいただきシャンデルナゴル, ・第10代グル暗殺、聖典がグルとなる 1675 9代目も色んなことあり殺される *宗教的な融和政策の現れとして、ムスリム以外に課せられるイスラームの慣習法であるジズヤを廃止しました。 結果、シク王国側が敗北し、領土のパンジャーブ地方はイギリスの直轄地に組み込まれました。 1790〜92 第三次マイソール戦争 1780〜84 第二次マイソール戦争 日本の『長篠の戦い』や、セリム1世のオスマン帝国とサファヴィー朝の間で戦われた『チャルディラーンの戦い』などとも比較される戦いです。 *ゴロ合わせのルール... このページは『イギリスの国王【早覚え完成】』のページの付録です。どうしても覚えられないものがある、という場合のために書きました。 ⅳ 人口構造と産業構造. *第10代グル=ゴービンド=シングは、教団内の権力構造を一切廃止し、また武装集団である『カールサー』を組織します。 1750〜54 第二次 家庭教師をしながら覚えやすかったりにくかったりする そうすると同じ帝国内に、ジズヤを課されないイスラーム教徒とジズヤを課されるヒンドゥー教徒などが混在することになり、不公平感が生じますよね。そこで、アクバル帝は自身がイスラーム教徒でありながら、両教徒間に存在した宗教的・民族的な対立を解消するべく、ヒンドゥー教徒との融和策をとったのです。 1744〜48 第一次

王朝名の覚え方は→『北インドの王朝の変遷』 *第一次アフガン戦争には、シク王国もイギリス側について参戦していましたが、4年後の1842年にイギリス東インド会社軍はアフガニスタンに大敗を喫し、甚大な被害を受けました。 顔色が怖いなオーナーアウラングゼーブ 1838 イギリスの人ヤーさんやアフガン戦争 *イギリスは当初ベンガル地方の他の地に商館を置いていましたが、アウラングゼーブ帝の怒りを買ってその地を逐われ、南のこの地に移り商館をおきました。 ムガール帝国の実質的な建設者は第3代のアクバルで、彼はアフガニスタンから南はデカンを除く大半を支配下に置いた。 そのアクバルの行政手腕により、ムガール帝国はその後150年も維持することができ … 1414 サイイド朝成立(〜1451)

ムガル帝国(ムガルていこく、ヒンディー語: मुगल साम्राज्य 、英語: Mughal Empire )は、16世紀初頭から北インド、17世紀末から18世紀初頭にはインド南端部を除くインド亜大陸を支配し、19世紀後半まで存続したトルコ系 イスラム王朝(1526年 - 1858年)。

*以降、東インド会社は本格的に貿易商から、インドの植民地支配の機関となっていきます。, ・マイソール戦争 ナーナクと等しー報いこの宮で *シャンデルナゴルが経済的中心地となったのに対して、ポンディシェリには政治的な中心地としての役割がありました。, ・シヴァージーがマラータ王国建設 *アフガニスタンに1747年に成立したドゥッラーニー朝がインドに侵入し、パニーパッドでマラータ同盟との間に戦争を交えます。 毛織物産業. 1744〜48 第一次 1767〜99

1790〜92 第三次マイソール戦争 1688 広場はいただきシャンデルナゴル *これは『年語呂年註-世界史版』のひとつです。このページでは、ムガル帝国の歴史の概略をゴロ合わせにそって見ていきたいと思います。, *音声で耳から覚えるためYouTubeに教材を上げています。こちらです。文字だけではリズムをつかみにくいフレーズもスムーズに覚えられます。ぜひ一度聞いてみることをお勧めします。, 1206 奴隷王朝成立(〜1290) 『テンプレ世界史』各ページメニュー それでも、提督がゴア占領に踏み切ったのは、同地のヒンドゥー教徒からイスラームの支配から解放してほしいと嘆願されていたからでした。 *ランジート=シングは周辺のミスルを悉く併合したのを始め、その領域はパンジャーブ地方を越えてカシミール地方など、北西インド一帯に及びました。, ・イギリス、シク王国と相互不可侵条約 *フランスやマラータ同盟と結んだハイダル=アリーのマイソール王国がイギリスに宣戦することで始まりました。 *アクバル大帝の孫でムガル帝国の第5代君主、インド=イスラーム文化の最盛期の君主で、多くの美術や建築が生まれました。 *マドラスのイギリス東インド会社とポンディシェリのフランス東インド会社の勢力争いから生じた戦争です。地元の太守は、陸上での戦争を禁止したので、英仏の戦争は海上で行われましたがその内にこれは無視される様になり、戦闘は陸上に持ち込まれました。, *第一次カーナティック戦争では、ポンディシェリ知事でもあったフランスのインド総督デュプレクスが、傭兵隊に近代的装備を行いイギリス軍を相手に海戦でも優位に戦い、また陸戦ではマドラスを占領しました。, *第二次カーナティック戦争は、地元の太守の後継者争いに英仏が介入することで起こりました。フランスはデュプレクスのもと、傀儡の太守を立て勢力を広げましたが、危機感を抱いたイギリスが攻撃に出ることで交戦状態となりました。 *彼はイスラーム教徒であったため、領内はイスラーム教への改宗が強制され、周辺のヒンドゥー教・キリスト教徒の居住地域にも侵略が行われました。, ・イギリスがベンガル・ビハールの徴税権獲得

*『年語呂年註』とは『年号語呂合わせ年毎註釈』の略称です。ここでは高校日本史用に作った『... ・『テンプレ世界史』で扱っている王朝の首都を覚えていこうというページです。 *結果、スガウリ講和条約が結ばれ、ネパールはイギリスに対してタライ・ダージリン・シッキムなど、国土の約1/3を割譲しました。タライ地方の放棄の見返りにネパールは毎年20万ルピーを受けとることになりましたが、後にイギリスはこの地方をネパールに返還し支払いも停止しました。 *然し後にアウラングゼーブ帝による激しい弾圧が行われ、シク教徒は武装集団となって行きます。, ・バスコ=ダ=ガマがカリカット到着 1674 デカンの西の色んな地主でマラータ王国 ´ã¨å•†äººã®éƒ½å¸‚支配, 第6節 ドイツの政治的分裂と諸都市, 第7節 世界貿易、世界都市と政治秩序の変動, 補章-3 ヨーロッパの地政学的構造 ――中世から近代初頭, 補章-4 ヨーロッパ諸国民国家の形成史への視座, 第3章 都市と国家のはざまで ――ネーデルラント諸都市と国家形成, 第1節 ブルッヘ(ブリュージュ)の勃興と戦乱, 第2節 アントウェルペンの繁栄と諸王権の対抗, 第3節 ネーデルラントの商業資本と国家 ――経済的・政治的凝集とヘゲモニー, 第4章 イベリアの諸王朝と国家形成の挫折, 第5章 イングランド国民国家の形成, 第6章 フランスの王権と国家形成, 第7章 スウェーデンの奇妙な王権国家の形成.

ティムール朝(ペルシア語: تیموریان ‎、 Tīmūriyān ‎、ウズベク語: Temuriylar )は、中央アジアのマー・ワラー・アンナフル(現在のウズベキスタン中央部)に勃興したモンゴル帝国の継承政権のひとつで、中央アジアからイランにかけての地域を支配したイスラム王朝(1370年 - 1507年 →『アメリカ合衆国年語呂』, [第三次マイソール戦争]1790〜92 *ティムールの5代目のお孫さんに当たるバーブルが、中央アジアでの王朝復興をあきらめて、アフガニスタンからインドに侵入し建国しました。 *商館が、現在のシャンデルナゴルに移された年です。ベンガル地方にはすでに1673年にガンジス川の支流のフグリー川沿いに商館がおかれていました。 *ベンガル総督リチャード=ウェルズリーはティプー=スルタンが、再びフランス共和国と盛んに同盟を模索していることを怖れて総攻撃を行うことを決定しました。 1775〜82 第一次マラータ戦争 1761 否む人に一撃食らわすドゥラニ朝, ・ハイダル=アリーがマイソール王国の王位簒奪 *それまでイギリス本国は、東インド会社に委託する形でインド統治を任せて来ましたが、インド大反乱は、東インド会社による統治の限界を認識させるきっかけとなりました。 *初めに、オランダが、ジャワ島へ船団を送り、直接アジアから大量の物産を輸入することに成功しました。このことで、それまでの自分たちの東方貿易の利権が脅かされることを恐れたイギリスの貿易商人たちの組織、レヴァント会社の成員らが中心となり、航海ごとに出資を募りその投資額に比例して利益配分を行う、株主を中心とした会社組織『東インド会社』が設立されました。 イー心のヒーロー置こうとアクバル即位 娘ヌール・ジャハーンを皇帝の妃にするなど、帝室と姻戚関係を持った。ジャハーンギールが1610年頃から病気の発作で倒れるようになると、政権はイティマード・ウッダウラやヌール・ジャハーン、その弟アーサフ・ハーンに握られていった[47]。, ジャハーンギールが病気に倒れると、四人の皇子が帝位をめぐり争い、宮廷の貴族らもこれに加わった。そのさなか、1627年10月にジャハーンギールは死亡した[47]。, 1628年1月、フッラムが後継者争いを制し、2月に皇帝として即位した。彼は「世界の皇帝」を意味する「シャー・ジャハーン」を名乗った。その治世は帝国の最盛期であった。, シャー・ジャハーンは領土の拡大に成功し、1636年にアフマドナガル王国を打倒・併合し、デカン地方で領土を拡大した。同年5月にはビジャープル王国とゴールコンダ王国に帝国の宗主権を認めさせ、皇帝の名を刻んだ硬貨を鋳造し使用させ、金曜礼拝も皇帝の名で唱えさせることにも成功している[48][49]。, だが、デカン高原での前進と比べて、アフガニスタン問題は大きな問題を抱えていた。カンダハールの再攻略に成功したものの、1649年にムガル帝国による中央アジア遠征の間隙を縫って、サファヴィー朝が再度、カンダハールを攻略した。このことにより、サファヴィー朝と衝突してムガル・サファヴィー戦争を起こしたが、カンダハールを獲得することができず、この地は永遠に失われた。, シャー・ジャハーンの時代はインド・イスラーム文化の最盛期であり、美術や建築などの華が咲いた。シャー・ジャハーンは妃ムムターズ・マハルの墓廟であるタージ・マハルの建造者としても有名な人物である。また、7年の歳月をかけて孔雀の玉座を作成し、王座の表面にはダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルドなどの宝石が惜しまなく使われていた[50]。当時、ヨーロッパから訪れた旅行者はシャー・ジャハーンを「壮麗王」(the Magnificent)として称えた。, 1657年9月、シャー・ジャハーンは重病に倒れた[51]。皇帝は長男ダーラー・シコーを後継者としていたが、次男のベンガル太守シャー・シュジャー、三男のデカン太守アウラングゼーブ、四男のグジャラート太守ムラード・バフシュはこれを認めておらず、継承戦争が始まった[51]。, 結局、1658年に勝利したアウラングゼーブが皇位を継承し、シャー・ジャハーンはアーグラ城のタージ・マハルの見える部屋に幽閉された[52]。, シャー・ジャハーン幽閉後、アウラングゼーブが帝位を継承した。彼は即位すると、直ちにほかの兄弟の討伐にかかり、ことごとく抹殺している。, アウラングゼーブの治世は実に49年の長きに渡り、その治世の前半は、曾祖父アクバル以来の繁栄が続いた。アウラングゼーブは若年より厳格なスンナ派の信者であった。曾祖父アクバルから受け継がれてきた宗教融和を否定し、シャリーア(イスラーム法)による統治を行った。彼は帝国の宗教政策を変え、ヒンドゥーなど異教徒の寺院を破壊したばかりか、1679年にはジズヤを復活した[53]。, そのため、ヒンドゥーの復興を掲げるマラーターの指導者シヴァージーがデカンに進出し、ゲリラ戦を展開、帝国領にたびたび襲撃をかけてくるなど、アウラングゼーブを苦しめた[54]。そして、1674年にシヴァージーはマラーター王国を創始し、1680年に死ぬまで王座にあった。また、アクバル以来臣従してきたラージプートも離反し、一部が反乱を起こすなど[55][56]、帝国に分裂の兆しが見え始めてきた。, 1681年以降、アウラングゼーブはマラーター王サンバージー打倒のため、デカン高原方面への遠征(デカン戦争)に繰り出した[57]。アウラングゼーブはサンバージーと4年以上にわたり戦ったが、その決着はつかなかった[58]。そのため、1686年にはビジャープル王国を、1687年にはゴールコンダ王国をそれぞれ滅ぼした[59][57]。, 1689年2月、アウラングゼーブはマラーター王サンバージーを破り、捕らえたのち処刑した[60]。さらに王国の拠点ラーイガドを落とし、シャーフーを捕虜にした。そのため、危機に陥ったマラーター王国はサンバージーの弟ラージャーラームを擁し、南インドのシェンジへと逃げた。こうして、マラーター勢力を南に追いやり、デカンや南インド方面へのさらなる領域拡大は、アウラングゼーブの時代に達成された[61]。, だが、1690年後半になると、マラーター勢力がゲリラ戦で反撃を行うようになり、帝国各地を略奪するようになった[62]。また、アウラングゼーブが帝都デリーに戻らずに治世の後半をデカン戦争に費やしたことによって、帝国の重心はアウランガーバードを中心としたデカンに移り、デリーを中心とする北インドと分断されてしまった[63]。, すでに、1680年代にはアーグラ周辺のジャート族が重税に抗議して反乱を起こすようになり、デリーとデカンをつなぐ公道を旅する旅人や商人の隊列を略奪するようになった[62]。1691年以降、ジャート族はチューラーマンに率いられて反乱を起こし、アーグラの西のバラトプルを拠点に半独立の政権を持つようになった。, また、1690年代にはベンガルでも深刻な反乱が起こり、反乱勢力は最大時には歩兵60000人、騎兵10,000人で各地を荒らし、ベンガルの農作物がデカンに届かないという事態に陥った[62]。アウラングゼーブはこれを解消するため、孫のアズィーム・ウッシャーンとその補佐ムルシド・クリー・ハーンをベンガルに送り[62]、1698年にこの反乱を鎮圧したが、ベンガルは長く続いた反乱のため疲弊した。, アウラングゼーブはデカン地方でマラーターに応戦し続けたが、1707年3月3日にアフマドナガルで死亡した[64]。その後、5月に帝国軍はデカンからの全面撤退を決め、同時にムガル帝国の宮廷にいたサンバージーの王子シャーフーを釈放した。シャーフーはマラーター王国の首都サーターラーに向けて進軍し、シヴァージー2世(ラージャーラームの息子)の母ターラー・バーイーが対決姿勢で応じたために内乱となったが、彼はバラモンであるバーラージー・ヴィシュヴァナートの助力により、翌年にマラーター王となった。, アウラングゼーブはその死までに、南端部を除くインド亜大陸にまたがる帝国の最大領土を実現した。だが、強勢を誇ったムガル帝国もアウラングゼーブが死ぬと、帝国の没落、繁栄を支えた政治、軍事的構造の崩壊が起こった。, アウラングゼーブの死後、息子のバハードゥル・シャー1世が二人の兄弟アーザムとカーム・バフシュを打倒し、帝位を継承した。即位したときには既に64歳と老齢であった。彼に対して、シク教徒のリーダーであったバンダー・バハードゥル(英語版)が挑戦した。, シク教徒は数世紀にわたり、イスラーム政権と影響しあいながら形成された勢力であった。アクバルの時代にシク教団はそのの保護を獲得し、アムリトサルを拠点に事実上の自治国を建設した。その後、シク教団は世俗的権力の獲得に乗り出す。だが、アウラングゼーブの時代の指導者であるゴービンド・シングはムガル帝国を利用し、さらにはその支配に抵抗を試みた。しかし、アウラングゼーブの治世の末期に、ムガル帝国軍と戦い、敗北してしまう[65]。, バンダー・バハードゥルは、パンジャーブ地方の豪族を味方に、ムガル帝国と戦闘状態に入った。シク教徒の反乱自体は、1715年にバハードゥルの処刑によって終了した。この後、シク教徒が治めていた地域は小規模の国家群に分裂したが、19世紀にランジート・シングによってシク王国が形成された[65]。, さらに、アウラングゼーブの死後、ムガル帝国の領土では各地で反乱が頻発し、マラーターが勢いを取り戻してデカンや北インド方面の各地を略奪していた[66]。また、父の治世から反乱を起こしていたジャート族も、アーグラ付近のバラトプルで反乱を継続し、ムガル帝国の根幹を脅かすようになった[67]。, 1712年2月、バハードゥル・シャー1世はそうしたなか死亡した。反乱軍との戦いは帝国に巨額の出費を強い[67]、デカン戦争以来ずっと悪化していた財政をさらに圧迫し、1707年の段階で1億3000万ルピーあった帝国の国庫はその治世に底をついた[68]。, バハードゥル・シャー1世の死後、4人の息子が帝位をめぐって争った。当初、次男でベンガル太守のアズィーム・ウッシャーンが有力候補であったが、数か月の争いの末に帝位を継承したのは長男のジャハーンダール・シャーであった[69]。, ジャハーンダール・シャーが皇帝になれたのは、当時もっとも有力だった貴族ズルフィカール・ハーンが味方したおかげだった[69]。だが、ジャハーンダール・シャーは臣下の貴族の信頼を失い、翌年2月にアズィーム・ウッシャーンの息子ファッルフシヤルに敗れ、殺害された[69]。, ファッルフシヤルは帝位継承に際してサイイド兄弟の協力を得ており、兄のアブドッゥラー・ハーンには宰相と財務大臣を、弟のフサイン・アリー・ハーンには軍務大臣(軍総司令官)の地位を与えた[70]。だが、ファッルフシヤルはサイイド兄弟と対立し、1718年にサイイド兄弟によって廃位・幽閉され、のちに殺害された[71]。, ファッルフシヤルの廃位後、バハードゥル・シャー1世の孫にあたるラフィー・ウッダラジャートとラフィー・ウッダウラの兄弟が相次いで擁立されたが、間もなく彼らも殺害された。このように帝位はサイイド兄弟の思うがままにされ、彼らは事実上のキング・メーカーであった。, ラフィー・ウッダウラの殺害後、同じバハードゥル・シャー1世の孫ムハンマド・シャーがサイイド兄弟によって帝位につけられた。, ムハンマド・シャーはサイイド兄弟が国政を牛耳る状況を快く思わず、1720年にトルコ系やイラン系の貴族と協力し、フサイン・アリー・ハーンを暗殺、アブドゥッラー・ハーンもハサンプルの戦いで打ち破った[72][73]。かくして、サイイド兄弟を取り除いたムハンマド・シャーであるが、彼は間もなく堕落して後宮で淫蕩に耽るようになった。これには協力した貴族らも失望させられた[73]。, 1724年10月、宰相カマルッディーン・ハーンが職を辞して、デカンのハイダラーバードに下野し、帝国から独立した[74]。帝国はこれを阻止するために軍を差し向けたが、シャカル・ケーダーの戦いで打ち破られた。これにより、ハイダラーバード地方を中心にニザーム王国が形成された[75][76][77]。, 同様のことは、ほかの地方の地方長官にも見られた。地方長官(太守)はもともと、帝国から行政官に任命された者だが、帝国の衰退により面従腹背の姿勢を見せる、ナワーブと呼ばれるようになった地方長官が出始めた。彼らは徐々に、ムガル帝国に納税をしなくなり、徴収した税金は私用するようになった。1720年代にはアワド太守、ベンガル太守など肥沃な地方の長官らが独立し、そしてそのまま地方王朝が建国されていった[73][78]。, ムガル帝国はこれらの地方の実質的独立になす術が無く、帝国から次々と重要な州が離れたことで帝国の領土と歳入は大きく削減され、事実上ムガル帝国の解体を意味した。

Ps3 Bluetooth ペアリング 9, Line カメラ設定 Pc 4, ブラジリアンワックス 川越 メンズ 5, Jabra Speak 510 Ms Uc 違い 28, あつ森 マイル家具 いつから 10, ポケモン 北米版 日本語 4, 備前 長船 包丁 価格 4, コン ユ 母 10, Tt Br06 マニュアル 5, Zoom 年払い 途中解約 4, Spring Security Session Id Length 6, え こでこツール M4a 4, Simply Piano 収録曲 48, ニコ 生 弾幕ツール 4, Chrome フォント 細い 12, Tt Br06 マニュアル 5, 月曜から夜ふかし 動画 Dailymotion 15, Ff14 Id装備 染色 8, ドイツ 人名 女性 12, レンコン 穴 黒い 4, 赤ちゃん に ぎにぎ 編み図 7, ポケモン ソード Line 掲示板 18, 塩素除去 シャワーヘッド ニトリ 10, ボーボボ ネタバレ なんj 27, アリナミンv Cm 女性 22, メギド ガープ 息子 14, Django Field 自作 4, 真 北斗無双 朝一 狙い目 5, ハリネズミ 喉に詰まら せる 13, レッド ウィング 8268 ブログ 7, レクサスls F Sport 6, レクサス Rx 値落ち 7, 村田修一 息子 中学 受験 11, 胸のたるみ 筋トレ 男 5, ヤング マガジン 2019 47 5, Softbank Iphone用sim Android 4, Kindle Paperwhite Jailbreak 9, 瓶 ジュース 冷凍 18,


Leave a Reply